豊洲シエルタワー1階から湾岸エリアの今をお届けします

fujifujita不動産売却戦略レポート2019年版を更新

2019.02.22

コメントを書く

fujifujita

不動産売却戦略レポート2018年版に続き、2019年版へ更新をしました。
当社HPのマイページより閲覧可能となりますので、是非ご活用下さいませ。

内容を一部抜粋し、マクロ環境について言及します。

2018年の首都圏新築マンション平均価格は、6部ぶりの前年割れとなりました。
これをもって「首都圏の新築マンションに変調の兆し」と報じるメディアもありましたが、数字を細かくみていくと、単価の高い東京23区のマンション用地が取得困難になり供給が絞られている一方で、郊外の単価が低いマンションの割合が増えた結果とわかります。

事実、東京23区の新築マンションの平均価格は7,142万円と前年比0.7%の増加となっています。
湾岸エリアにおいても2017年から2018年にかけて価格が再上昇しております。

今後の見通しを含め、どのようなプランで売却をしていくか等悩まれていらっしゃいましたら、今まで蓄積をされた膨大なデータを根拠に適切なアドバイスをできればと思いますので、お気軽にご連絡下さいませ。

関連記事

コメントは利用できません。

運営会社