豊洲シエルタワー1階から湾岸エリアの今をお届けします

藤田物件名確定 有明トリプルタワープロジェクト

2017.08.11

コメントを書く

ケイズワン藤田

注目の新築マンションである有明トリプルタワーですが、正式に物件名が確定いたしました。
物件名は「シティタワーズ東京ベイ」となり、棟によってイースト・セントラル・ウエストと続きます。

住友不動産シリーズなので、シティタワーという名がつくとは予想していたのですが、東京湾岸を代表するマンションということで、東京ベイという命名になったようです。

当初の予定とやや変更点があるようで、隣接する商業施設にジムとプールが入ると言われておりましたが、それは確定ではなく、まだ未定段階とのことでした。
ホテル・イベントホール・大型スーパーが入ることはほぼ確定のようです。

商業施設はまだ未定の部分が多いようですが、ディベロッパーの住友不動産担当者曰く、社運を賭けた一大プロジェクトとのことなので、良いものができると期待したいと思います。

ここからは、中古物件を扱う一仲介人としてのポジショントークとして聴いていただきたいのですが、このマンションの懸念点については下記の通りとなります。

・管理費平米単価が370円/平米と、湾岸タワーの中で一番高い
・駐車場がノーマル:29,800円、ハイルーフ:33,800円と有明タワーの中で最も高い水準
上記のように、同エリア内で維持費が突出して高くなります。
これまでご近所の中でも一番高かった近隣ブリリアマーレ有明が350円/平米という中、あちらは数多くの共用施設を持つため仕方がないと諦めも付きますが、このマンションは共用施設を持たないコンセプトゆえ、この管理費水準は中古検討段階になった時、検討者が懸念される可能性があります。
また、有明は豊洲や東雲に比べて、駐車場が安く設定されているマンションが多く、私もご案内の際には駐車場料金の安価さを強調したことが何度もあります。
しかしこのマンションですと、豊洲のタワーマンションとほぼ同じ水準になります。
駅から近く、複合開発という絶対的有利な点がございますが、どうしても気になってしまうポイントのひとつです。

関連記事

コメントは利用できません。

運営会社