豊洲シエルタワー1階から湾岸エリアの今をお届けします

藤田豊洲新市場移転確定

豊洲新市場の移転問題について、ついに方針が決定したようです。
昨今の報道の通り、「豊洲を生かす、築地は守る」という基本方針です。

基本方針の概要としては、一旦豊洲に市場を移し、その後築地を再開発し、市場機能を確保しながら5年後を目処に食をテーマとした一大拠点とする計画となっております。

私共としては、今後「豊洲」が食の文化とブランドを引き継ぐことを大いに期待していたのですが、「築地」と市場機能が両輪駆動になるとのことで、やや残念感があります。

確かに、「築地」エリアは長年培ってきたブランド力と、地域との調和を生かし、改めて活用することが大事な地域には間違いないですが、中央卸売市場は様々な機能をもって成り立っているので、2つに分断するというやり方がそもそもできるのか、専門化から疑問の声もあがっているようです。

また、江東区側の過去の経緯を丹念に調べれば市場の受け入れと観光拠点の建設はセットのはずで、5年後に一部を築地に戻して物流拠点にしようという知事の言い方を聞きますと、観光拠点で未だに計画が注に浮いたままの千客万来施設が果たして計画通りに機能しうるのか、その点も疑問です。

ただ、豊洲に市場を移転をしないという最悪の結果は免れましたし、いままで放置していた豊洲への風評被害を払拭していくというコメントがありました。長い目で見れば豊洲ブランドがマイナスになることはなさそうです。
豊洲市場に移転することが決定し一安心というところではありますが、結局豊洲にも築地にも良い顔をした、何とも歯切れの悪い結果のように感じました。

関連記事

コメントは利用できません。

運営会社