豊洲シエルタワー1階から湾岸エリアの今をお届けします

noraemon豊洲エリア随一の飲食店充実な「豊洲フォレシア」

しばらく前に東京カレンダーの連載上で「レストラン不毛地帯」と盛大にdisられた豊洲でしたが、たしかに給与高所得者が住まう街という観点において、コレ!といったもんはないかもしれません。でもこの街に住んでいる子育て世代にとっては、ちょっと気取った感じで美味い店よりも子どもが大声出しても怒られなさそうということが重要ですね。そういう視点に立てば、ららぽーとのフードコートがあれだけ混雑している理由がわかると思います。

といっても、DINKS家庭の立場に立てば、ららぽのフードコートで食べるのはなんだか違う。ららぽ3階もビバホーム2階もぶっちゃけイマイチ。豊洲エリアのランチで一番は、女子どもお断り雰囲気ながら「いちむら」だと個人的に思っていますが、それを除けば、豊洲フォレシア(2014年)の飲食店街のクオリティは救世主的で、本当に助かりました。○○カレンダー的には違うかもしれませんけど。

私、実はフォレシア全店制覇してますが、ランチ時自信を持ってお勧めできるお店を軽く紹介させていただきます。

BISTRO 石川亭 豊洲フォレシア店:
食べきれないほどのボリューミーで出してくる神田の名店。豊洲のこの立地でそのお値段で出して元が取れるの?とこちらが心配になるくらいです。ぜひ使っていきましょう。

博多もつ鍋 やまや:
ランチ時は明太子食べ放題というとても嬉しいサービスがあるもつ鍋専門店。夜もお邪魔したことありますが、もつ鍋のクオリティも悪くなく、店内広くて綺麗です。

とんかつ 田:
トンカツって1000円ボーダーのクオリティ・2000円ボーダーのクオリティがあると私は思っていますが、このお店はどちらもそのボーダーをクリアしている貴重な店です。わざわざ他地域から食べにくるほどではないと思いますが、豊洲飲食店難民にとってはありがたいお店です。

一風堂:
ラーメン不毛地帯豊洲で一定のクオリティで出してくれるありがたい存在、一風堂。いつも並んでいます。

休日のららぽーと地獄風景にうんざりしたみなさん!歩いてすぐのフォレシアに避難はアリですよ!

関連記事

コメントは利用できません。

運営会社