豊洲シエルタワー1階から湾岸エリアの今をお届けします

のらえもん湾岸妖精のらえもん「湾岸こぼれ話」スタート!

2017.09.07

コメントを書く

のらえもん

湾ナビコラムをご覧のみなさまこんにちは!
マンション購入を真剣に考えるブログ管理人「のらえもん」と申します。
http://wangantower.com/

私は、湾岸付近のタワーマンションやら地域情報を取り上げるブログをかれこれ6年近く運営しておりますが、ブログ創生時から湾岸タワー物件の基礎的データ提供ということで「湾岸マンション価格ナビ」さんには大変お世話になりました。ブログを初めて半年くらいでこのサイトの存在を知ったのですが、初見の時は頭をがつーんと殴られたような衝撃が走ったことを覚えています。

リリース当時(2012年)はまだ今のような不動産テック的な興隆はなく、不動産情報を公開するというコンセプトのサイトは大変珍しいものでした。当時、情報量的には他のサイトを10馬身くらい離していたかと思います。

湾岸物件の詳細データ、間取りだけでなく仕様をひとつひとつの部屋を、すべて手入力しかつ精度の高い評価額まで全部無料で公開してしまうという、半ば狂気で作られたようなサイトを仕上げ、5年間維持管理されてきたのは、日本のネット界での奇跡みたいなものかもしれません。

私は不動産ブログを書いている関係上、実は不動産テックサイト運営の方と何人かお話しさせていただきました。みなさんこのサイトをベンチマークの1つとして作られたと口々に言っておられました。ですので、この「湾岸マンション価格ナビ」さんが無かったら、日本の不動産テックブームはそもそも無かったかもしくは違った形だったかもしれないのです。その意味で歴史を作ったサイトといえるでしょう。

実際、私へ湾岸中古物件を買ってもいいかなどの相談メールはこちらのサイトを基本とする場合が多いです。「湾ナビさんだと評価額5500万円なのだが、買ってもいいのだろうか」「湾ナビさんだと・・・」みたいな問い合わせが多くて、湾岸地域を検討される方々と非常に相性が良かったのではと思っています。そして、エリアの中古マンションを一度でもご検討された方だけでなく、湾岸物件を扱う仲介のみなさまもこのサイトには足を向けて寝られないのではないでしょうか(笑)。

さて、そんなサイトがリニューアルを期に新しくブログ(オウンドメディア??)を作るということで、「のらえもんさん、こちらでも書いてみませんか?」という大変名誉なお話をいただきました。個人的に「マンション購入を真剣に考えるブログ」「スムログ」「のらえもん戦記」「のらえもんの湾岸マンション図鑑(停止中)」と4つのサイト+「住まいスタジアム」プロデュース等を抱えて文字通りあっぷあっぷ状態だったのですが、受けさせていただくことに迷いはありませんでした。

題材は何にしようかと思ったのですが、湾岸物件や湾岸地域の情報をもう少しだけミクロな視点で捉えたブログを「湾岸こぼれ話」と題して、月2回くらいで更新できればなぁと考えております。仲介さんだと言いにくい少しだけストレートな書き方にするつもりです。

今後ともよろしくお願いいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

運営会社