立地・敷地
建物(全体・共用部)
建物(専有部・共通)
維持管理
建物全体性能

周辺案内図

立地・敷地 平均評価ポイント:3.87

立地 4.50

■本マンションが立地する豊洲5丁目は近年の大型マンションが少ないエリアである。官民一体で再開発が行われた「豊洲2・3丁目地区」の様に電柱埋設などの特別なガイドラインによる再開発エリアではないが、交差点をはさんで隣接しているため、一体的なエリアとして感じることが出来る。
■都心へは有楽町線およびゆりかもめの「豊洲」駅を利用でき、両駅とも雨に濡れずにアクセスできる通路が設けられている。

敷地条件 3.70

■本マンションに眺望や見合いで影響のある建物は、低層部分でゆりかもめの豊洲駅舎や都営住宅の影響を受けるが、離隔距離があり影響は少ない。
■道路による騒音は、晴海通りと都道319号線の交差点に立地するので、騒音の影響が大きい。

外構 3.00

■低層部分に商業施設を抱えているため、規模の割には空地が少ない。住宅地と言うよりは商業や公共施設としてのランドスケープに近い。

ハザード 3.40

■敷地の一部に液状化が発生しやすいとされるエリアを含んでいる。
■豊洲・東雲・有明地域は「災害時地区内残留地域」に指定されている。

周辺施設 4.80

■学区域の指定校である「豊洲西小学校」は周辺地域では最も人気の高い小学校である。
■日常の買い物は、建物低層部の商業施設内(シエルコート)に入っているスーパー「サカガミ」やスーパービバホーム内にある「文化堂」が便利である。「ららぽーと豊洲ANNEX」内にある「フードストアあおき」は比較的高級な商品を取り扱うスーパーなので、必要に応じて使い分けが出来る。
■その他、シエルコートにはコンビニ「デイリーヤマザキ」、クリーニングの「白洋舎」、ファミレスの「ジョナサン」など多彩な店舗が約30店ある。

セキュリティ概念図

建物(全体・共用部) 平均評価ポイント:3.09

築年数 4.00

関係会社信用度 4.00

■売主および施工ともに清水建設。

共用廊下・エレベーター・ゴミ置場 3.00

■建物内部に吹き抜けを設けた構造で、廊下はその吹き抜けに面した開放廊下になっている。
■各住戸へアクセスするエレベーターは住戸数に対して少な目であるが、別途自転車置場用エレベーターが設置されている。
■ゴミ置場は分譲階については各階にあり。

共駐車場・駐輪場・バイク置場 1.60

■駐車場の設置率は4割弱で、周辺のマンションと比較して少ない。
■駐車方式は平置きと機械式の2種類。

設備・施設 2.10

■目立つ共用施設は32階に設置されている「パーティールーム」のみ。
■ペット対応マンションとして「ペットの会」を設立して、マナー向上を図っている。1階にはペット管理室があり、足洗い場やグルーミングスペースが設けられている。ペット会会員用の出入り口も用意されている。

セキュリティー 4.50

■オートロックは1重(風除室のみ)になっている。
■防犯カメラは54台以上設置され、エレベーター内部にもある。
■駐車場にはセキュリティーゲートが設置されているが、時間貸し駐車場と導線が同じため、不特定多数の車が出入りする。

災害対応 3.00

デザインの印象 2.50

■タワー部分はアクセントカラーが無い、無難なデザインになっている。
■低層部分の商業施設は中庭を囲むように配置され、1階部分には噴水が設けられるなど、個性的なデザイン。大規模修繕によりエントランス周りやロビーが整備され、非常に綺麗で開放感のあるデザインに仕上がっている。

建物(専有部・共通) 平均評価ポイント:3.82

遮音性 3.50

■遮音性能について、様々な配慮がされている。特にサッシュについては、遮音性能の高いエアタイトサッシュを採用している。

設備 4.60

■近年のマンションに引けを取らない充実した設備になっている。
■超高層マンションであるが、ベランダでの物干しが可能。

構造等 3.30

■順梁の構造であるが、階高を高くすることで、リビング・ダイニングの天井高を最大約2,700㎜確保し、ゆとりのある空間を実現している。
■高い階高を利用して二重床二重天井を採用して、メンテナンスに配慮している。

快適・利便 N/A

維持管理 平均評価ポイント:4.25

修繕計画 5.00

月額負担 2.80

管理組合 5.00

劣化状況 N/A

性能評価 平均評価ポイント:N/A

災害安全性 N/A

長期耐久性 N/A

バリアフリー性 N/A

環境保全性 N/A

火災安全性 N/A

省エネ性 N/A

居住性 N/A

更新性 N/A

高齢者への配慮 N/A

機能性 N/A