立地・敷地
建物(全体・共用部)
建物(専有部・共通)
維持管理
建物全体性能

キャナルコート(S字アベニュー)

立地・敷地 平均評価ポイント:3.70

立地 3.50

■本マンションはUR都市機構により一体開発された「キャナルコート東雲」内に立地する、マンションである。開発敷地内はイオン東雲SCをはじめとする商業店舗・学習塾・医療機関などが点在し、歩車分離が徹底された計画的街並みが完成している。
■東雲エリアのマンションであるが、都心へのアクセスに優れた東京メトロ有楽町線「豊洲」「辰巳」両駅を徒歩11分で最寄とする。
■有楽町線「辰巳」駅の出入口から本マンションエントランスまで歩行者専用道路のみでアプローチできる。

敷地条件 4.30

■本マンションを含むキャナルコート東雲は「東雲一丁目地区計画」の制限区域内に立地する。その制限により超高層マンションは方位に対して約45度程度傾けて建築することを義務付けられているため、隣接建物による眺望に関する影響が少なくなるように配慮されている。
■交通量は少ないが北側に晴海通りと三つ目通りを接続する大きな道路と接道している。

外構 4.00

■敷地内に自走式駐車場や保育所棟を設置しているため、規模の割には空地が少ないが、キャナルコート東雲と一体化した美しい植栽や、ラウンジに面した水盤など、様々な見せ場を設けている。

ハザード 3.40

■交通事故は周辺と比較して発生率が高い。
■埋立地のため、地震による液状化が心配であるが、本物件は「発生の少ない地域」に指定されている。
■キャナルコート東雲内は大雨による浸水が無いエリアに指定されている。
■豊洲・東雲・有明地域は「災害時地区内残留地域」に指定されている。

周辺施設 3.30

■キャナルコート東雲内にはイオン東雲SCがあるため、日常の買い物の殆どは済ませることが出来る。
■イオン東雲SCはららぽーと豊洲と比較すると庶民的な品揃えの店が多いが、小さい子供の居るファミリー層の生活必需品は手に入りやすい。
■銀行支店は豊洲駅まで行く必要があるものの、ATMはイオン東雲SC内の「イオン銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」を利用できる。
■学区域の指定校である区立の有明中学校は、平成23年4月に新設された学校。小中学校が同一施設に同居する「施設一体型」の学校であるが、「小中一貫校」ではないので学校選択制は通常通り施されている。

建物(全体・共用部) 平均評価ポイント:4.11

築年数 5.00

■キャナルコート東雲内の最新で最後の分譲マンション。

関係会社信用度 4.50

■売主は「野村不動産」。
■施工の大林建設は、超高層建築の実績を多く持つゼネコン

共用廊下・エレベーター・ゴミ置場 3.00

■共用廊下は、建物内部吹き抜けに面した外廊下。
■常用エレベーターは高層階用3基、低層階用3基、が設置されている。設置率は、住戸数に対して若干少ない。
■ゴミは各フロアに設置されているゴミ置場へ持参。

共駐車場・駐輪場・バイク置場 3.60

■駐車場は全て自走式で、住戸数に対して6割程度設置されている。
■自走式駐車場は、機械式と比較して待ち時間や混雑が無いためストレスが少ないだけでなく、メンテナンスコストが抑えられるため、管理費への影響が少ない。

設備・施設 4.40

■大型の超高層マンションでは標準的に設置されている「カフェ」「キッズルーム」「「パーティールーム」「ゲストルーム(2室)」などを一通り備えている。そのほか、「ミーティングルーム」「AVルーム」「ゴルフレンジ」なども備えている。
■また、本マンションの特徴として中間階に空中庭園を3ヶ所設けているほか、屋上庭園も設置されている。

セキュリティー 4.80

■オートロックは2重(風除室、エレベーターホール)になっている。
■新聞は朝刊のみ各住戸玄関前の郵便受けまで配達される。夕刊は集合郵便受けに配達される。

災害対応 5.00

■本マンションは耐震構造である。免震構造と比較して地震のゆれの伝わりが大きいので、家具転倒を防止する金具を設置できる下地補強された壁を多く設けている。
■震災後に供給されたマンションであるため「液状化対策」「非常用発電機」「防災備蓄」など付加的な備えが充実している。

デザインの印象 3.50

■縦に長いタワーの特徴を、3つのエリアに分けてデザインを変化させることで、単調にならないような工夫がされている。
■外観や共用部は茶色をベースに、素材や配色を工夫してデザインされている。

リビング・ダイニング

建物(専有部・共通) 平均評価ポイント:3.83

遮音性 3.00

■遮音性能については、高い配慮がされている。

設備 5.00

■キッチン収納には幅木収納が付いたソフトクローズ型スライディングキャビネット、浴槽には魔法びん浴槽が採用されるなど、充実した設備仕様になっている。
■サッシュは断熱性に優れている複層ガラスを採用しているので、結露によるカビ防止に有効。また、西側の居室窓には紫外線を軽減する「Low-E(ロウイー)ガラス」が採用されている。
■本マンションはオール電化のため、キッチンにはIHクッキングヒーターが設置されている。給湯は室内に設置された貯湯タンクより供給される。

構造等 3.50

■リビング側の柱を住戸の外側に設置することで室内を有効に使えるように工夫されている。
■リビングダイニングの天井高は2,600mm以上を確保しているため、空間に余裕を感じる。
■高い階高を利用して二重床二重天井を採用して、メンテナンスに配慮している。

快適・利便 N/A

維持管理 平均評価ポイント:4.00

修繕計画 5.00

月額負担 3.00

管理組合 N/A

劣化状況 N/A

性能評価 平均評価ポイント:N/A

災害安全性 N/A

長期耐久性 N/A

バリアフリー性 N/A

環境保全性 N/A

火災安全性 N/A

省エネ性 N/A

居住性 N/A

更新性 N/A

高齢者への配慮 N/A

機能性 N/A